学校でばれないカラコンの人気ランキング!

学校にしていってもばれないナチュラルカラコンで人気のランキングのご紹介です。

 

北川景子 アイコフレ

アイコフレのカラコンは、自分に自信が持てる魅力的な瞳になれるカラコンです。上品でどこか素敵、凛としていて華がある、そんな人は女性の憧れです。アイコフレのカラコンを使えば憧れの女性へと近づくことができますよ。自然になじむ明るいブラウンのベースメイク。明るい色味をしていますが、決して派手になり過ぎず、さりげない雰囲気を作り出してくれます。ブラックカラーの優しい瞳を作り出すナチュラルメイク。強さと優しさのどちらも大切にしてくれるデザインで、女性の魅力を引き出してくれます。お仕事などの真面目なシーンにもおすすめです。ブラウンの深いカラーが素敵なリッチメイク。計算されたデザインが、上品さとエレガントさを作り出してくれます。華やかだけど、オトナの雰囲気も大切にしたい人におすすめです。北川景子のカラコンは、みずみずしく、UVカットレンズで瞳にも優しいです。

 

 

沢尻エリカ バーカラーワンデー

エバーカラーワンデーナチュラルカラコンは、美しくなりたいと願う全ての女性におすすめのカラコンです。カラー展開は3種類。さりげなく色づき、上品な瞳を作り出すシャンパンブラウン。明るいブラウン色がふんわりとしたやわらかい印象の瞳を演出してくれます。とろけるような甘い瞳を作り出すナチュラルブラウン。深いブラウン色が瞳を強調し、やさしい印象の瞳に変えてくれます。凛としたオトナ感がただようナチュラルブラック。ナチュラルなブラックのレンズが、セクシーで色気のある瞳を演出してくれます。3種類カラコンはそれぞれ、ダークカラーでフチどられたレンズをしているので目力アップ。レンズの直径は、14.5ミリもあるので美しい瞳比率になれます。沢尻エリカのカラコンは、毎日使いやすく潤ったレンズでしっとりなめらかな使い心地です。

 

 

辺見えみり アイメイク

アイメイクのカラコンは、ナチュラルな色味をしているので、大人の女性にもおすすめです。大人の女性は、毎日お仕事を頑張ったり、主婦として家庭を守ったり、ママとして子育てに励んでいます。でもオシャレをしたい気持ちは昔と変わらないはず。そんな毎日に彩りを与えてくれるのが、アイメイクのカラコンです。カラーはブラックとブラウンがあって、デイリー使いにピッタリです。それぞれ、瞳になじみやすいようにカラーがブレンドされています。フチに向かって薄くなるグラデーションドットが、カラコン特有の不自然さを調和してくれます。日本人女性に合ったレンズの大きさなので、違和感なく自然に使えます。潤いの続く低含水レンズで、瞳がずっとしっとり。辺見えみりのカラコンで、さりげないオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

学校でばれないカラコンのカラーはこれです

カラコンは、気軽にオシャレが楽しめちゃうアイテムなので、普段から毎日使えたら便利で嬉しいですよね。ですが、お仕事や学校の都合などで、カラコンを自由に使えないことも。特に学生さんは、学校の規則などで、派手すぎる髪色やメイクやカラコンなどを禁止されてしまうこともあるでしょう。ですが、学校にバレないナチュラルなカラコンもいっぱいあるので、自分にとって使いやすいものを見つけると、毎日の通学も楽しくなりますよ。学校帰りには、お友達と遊びに行ったり、アルバイトで働いたり、彼氏とデートをすることも多いと思います。学校にバレにくいカラコンを、朝つければ、そのまま放課後まで一日中オシャレを楽しんでいられますよ。

 

バレにくいカラコンなら

学校にバレにくいカラコンを選ぶなら、絶対おすすめのカラーがあります。それは、ブラウンカラーとブラックカラーのカラコンです。グリーンやブルー、ベージュやゴールドも可愛いのですが、日本人女性の本来持つ瞳の色とかけ離れてしまうと、目立ってしまうのですぐにバレてしまう可能性も。なので、ブラックやブラウン以外のカラコンは、休日のオシャレ用にしておいて、普段はナチュラルなものを使っていきましょう。
ブラウン、ブラックと言っても、レンズの着色部分のカラーが濃いもの、薄いものなど色々あります。特にバレないようにしたいときは、濃い目のカラーレンズを選ぶと良いです。濃い目のカラーなら、透明感よりもマットな雰囲気が強調された瞳になれるので、違和感が少ないです。そしてレンズのフチの部分は、薄い色を選ぶほうが無難です。グラデーションがしっかり入ったデザインのカラコンなら、白目と黒目の境目がぼかされるので、瞳に自然になじむのでとってもナチュラルですよ。フチ部分がしっかりと強い色をしているレンズは、境目もハッキリ出てしまい、少し目立ってしまう可能性もあるので、気をつけてくださいね。

 

カラコンでオシャレを楽しんでください

カラコンを選ぶ方法としては、髪の色に合わせるのも自然でバレにくくおすすめです。黒髪の女子が明るいブラウンのカラコンを使うと、目元だけが目立ってしまいます。逆に髪色が明るいのに、真っ黒のカラコンを使ってしまうと、目元だけが強調されて、ついつい目線を集めてしまう可能性があります。
学校でカラコンを使うときは、あくまでも自然に見えることがポイントです。せっかく若くてウルウルと潤った瞳なのですから、カラコンで目元を強調しすぎなくても、可愛さをアピールできます。ブラックやブラウンのカラコンを上手に使って、毎日の学校生活を笑顔で楽しんでくださいね。

学校にばれないカラコンで、もっとおしゃれを楽しもう!

学校でもおしゃれを楽しみたい!…でも、校則が厳しい!

私は、ドラマや漫画や雑誌を見ていると、出ている人はとてもおしゃれ!
学校でも自由にメイクやカラコンをしているので自分も高校生になったらそんな風に自由におしゃれを楽しめるものだと思っていました。
ですが、高校に入学してメイクどころかカラコン禁止というルールがありびっくり、がっかりしたのを卒業して数年経った今でも覚えています。
私の学校が特別厳しかった訳では無く、今はカラコン禁止というルールがある学校は少なく無い様です。

 

でも、学校でもおしゃれを楽しみたい!

そんなルールがあると知っても華のJKだし、おしゃれを楽しみたい!と思い私自身色々なカラコンを試しました。
ナチュラルに見える黒コンタクトだったり、自分の瞳よりほんの少しだけ明るい茶コンタクトだったり兎に角ナチュラルに見える物を片っ端から買い漁りました。

 

学校にばれないカラコン選びに大事な2つのポイント

けれど、黒コンタクトは不自然に瞳が大きく見えてしまい学校にばれてしまいました。茶コンタクトも物によっては学校にばれてしまいました。
そこで、自分なりにどんな物ならばれないのか研究した結果、学校にばれないカラコンの条件が2つある事に気が付いたのです。

 

1つは、直径です。

目をぱっちり、くりっと見せたいと言う理由から直径が大きめ(14.2mm〜14.5mm以上)を選んでしまいがちですが、実はそれがばれてしまう原因でもあります。学校でがっつりメイクが出来れば問題無いのですが、すっぴん〜ナチュラルメイクだと、どうしても直径の大きいカラコンだと目だけ不自然に浮いてしまうです。
なので、私のおすすめは14.0mm。これ位の直系だとすっぴんやナチュラルメイクの目に自然に馴染んでくれるので、とてもおすすめです。

 

フチが無いものを選ぶ事

特に自分の瞳よりも明るめの物をしたいと思っているならフチが無い物を選ぶのが良いと思います。
私自身、黒や茶コンタクトがあまり好きではなく、生まれつき色素が薄い人の様な瞳に憧れていたのでグレーのカラコンが好きだったのですが、やはりフチがある物を選んでしまうと直ぐに学校にばれてしまいました。しかし、フチが無い自然に瞳に馴染むグレーのカラコンをしていった時は学校にばれる事はありませんでした。
それから卒業までの期間は、ほぼ毎日グレーのカラコンをして学校へ行ってましたが一度もばれる事無く、卒業を迎えました。
因みに、私が先生に近づかない様にしていた訳では無く、普通に接近して会話などもしていましたが一切ばける事はありませんでした。

 

選び方の一工夫でカラコンは学校でも楽しめます!

上の2つのポイントに注意して、カラコンを選ぶと学校にばれずにおしゃれを楽しむことが出来ます!
少し物足りないと感じる方もいるかもしれませんが、ナチュラルに見せるカラコンでも裸眼の状態に比べてぐんと目がぱっちりくりっとします!

学校でばれないカラコンの口コミ

学校にばれないカラコンを3年間研究した結果

現在22歳の私ですが、高校生の頃にカラコンに出会って以来、カラコンをせずに出かけられたことがないくらいカラコン愛用者です。色も、ブラックやブラウン掲載から始まり、興味本位でバイオレットやブルー、ピンクなどにもチャレンジすることもありました。それはもう、新しい自分のとの出会いが楽しくて仕方ありませんでした。アルバイトを頑張っては新しいカラコンを買う、なんてサイクルが手についていました。

 

しかし、私がカラコンにハマったのは高校生の時のことでした。そのため、学校の校則にカラーコンタクトが禁止との規定はないものの、先生方から口うるさく注意を受けることとなりました。毎日注意され、取り上げられることにまでなると、さすがになにか対策を考えなければ。そう思い、ナチュラルなものを研究するようになりました。高校生の立場でカラコンを取り上げられるのは、さすがに買い直してばかりいられるほど裕福ではありません。この頃から、学校にばれないカラコンを探す旅が始まりました。

 

私はブラックのカラコンが大好きだったので、最初は単純にブラックでサイズの小さなものや、フチ濃いラインのないものなどを試してみました。しかしブラックのカラコンには、日本人の目にはあまりない黒さが強いようで、なかなか馴染ませることができませんでした。

 

そこで次に試したのがブラウンです。やはり、ブラウンが1番自然に見えるのでは、と考える方は多いでしょう。しかし、ブラウンを試したからと言ってすぐに学校にばれないカラコンが見つかるはずもなかったのです。その後、研究の末発見した1番自然に見えたカラコンをつけるまでにかなりの個数試すこととなりました。

 

結論、学校にばれないカラコンは存在します。それはカラーがクリアなブラウンであり、内側に全く柄のないものです。フチは無い方が良いですが、ある場合は真っ黒でないフチを選ぶべきです。近年は外国人風のカラーの薄い物もありますが、そういった商品よりも、前に述べたような商品の方がオススメします。

 

高校生時代にカラコンと出会った私は、ファッションやヘアー、メイクなどにも敏感な時期でした。しかし高校生というのはなかなか裕福ではありません。アルバイトを頑張って、欲しいものをゲットする、そういったサイクルの中でカラコンも使用、ケアしていました。今思えば、やはり完璧なケアは出来ていませんでしたし、正しい使用方法も守れていませんでした。タンパク汚れが付いてもカラコンを買い換えたり、それをケアしたりすることが出来ず、なんだか視界が悪いなぁ、なんてこともよくありました。もちろん目を赤くしたり、痛みを伴ったりして眼科に行かざるを得なくなることも何度かありました。カラコンは、目に直接入れるものです。カラコンを使用する時は、なによりも丁寧にケアできる環境を整えることが一番大切だ、ということだけは頭に入れて、楽しくご使用願います。